メールフォームからのお問い合わせはコチラ
特定保健指導サービスのご案内
メニュー
  • 法人・団体での健康づくりトップページ
  • 法人会員契約
  • 健康セミナー・測定&カウンセリング
  • メンタルタフネスセミナー
  • 高齢者の健康づくり 介護予防
  • 特定保健指導
  • ウォーキング・健康イベント
  • お知らせ
事例ご紹介
実践!メンタルタフネスセミナー
健康セミナー無料体験会
法人会員利用
メールフォームからのお問合せはコチラ

特定保健指導について

4年目を迎えた特定保健指導。
いくら一生懸命に勧められても、本人にその気がなければ参加率を高めたり、
きちんと効果を出すことは難しいものです。そんなお悩みを持つ健保ご担当者様は、
ぜひ受託実績豊富なルネサンス(保健指導機関番号1320700584)にご相談ください!
対象者の気持ちを高め、モチベーションを維持する仕掛けが、ここにあります。

安心で効果の高いプログラム

都合の良い時間に支援が出来ます スポーツクラブならではの環境とノウハウ
しっかりと健康改善につなげます

担当者の負担を軽減

ポピュレーションアプローチまで全て支援 『参加したくなる』ツールで継続意欲を向上 少ない予算からでも実施できます

特定保健指導参加率UP

体成分測定+個別カウンセリングの詳細 体成分測定+個別カウンセリングの詳細

実績や過去の事例などもご案内させて頂きます。詳しくはぜひ一度お気軽にお問合せください。

お問合せはこちら



92%が減量に成功!千葉県特定保健指導モデル事業

外部委託による保健指導をモデル事業で検証

千葉県では2007年度、特定保健指導の効果的なアウトソーシングを探るためのモデル事業を実施。
それに参加する佐倉市は(株)ルネサンスに委託して、「メタボリックシンドローム対策事業」を実施。
県のモデル事業には、佐倉市のほか、山武市、印西市、南房総市が参加。
山武市は日本健康スポーツ連盟、印西市は(財)ちば県民保健予防財団、南房総市は安房医師会を
委託先に選定し、それぞれ事業を展開。

佐倉市では、国保部門・衛生部門でプロジェクトチームを組み、
特定健診・保健指導の費用や実施方法などを検討。
佐倉市健康増進課・保健師の方は、 「衛生部門が実施を引き受ける
形は決まっていますが、保健指導の対象者が増加するとすべてに対応
するのは難しいので、外部委託の費用やノウハウを確認して
今後に生かしていきたいと考えています。
市では肥満解消の運動指導のノウハウが少なかったので、
モデル事業には大きな期待を寄せています。」と話す。

初回面接は市が担当 個別と集団で運動・食事指導

メタボ対策事業で実施するのは、BMI25以上で、服薬治療を受けていない人を対象とした「積極的支援」。
初回面接の後、7月から9月の3ヶ月間保健指導を行い、効果を確認し、
12月に評価を兼ねてフォローアップ教室を開いた。
保健師の方から約650人にチラシや電話で参加者を募り、105人が集まった。
だが、主治医からの服薬指導など種々の事情により参加者は100人になった。

初回面接は市の保健師・管理栄養士が個別に行い、3ヵ月後の体重と腹囲の目標値を設定した。
その目標達成に向けて、具体的に運動や食事をどうしていけばよいか、
委託者であるスポーツクラブが進めた。

方法は「個別指導」と「集団指導」。
「個別指導」は、3ヶ月間スポーツクラブルネサンスに自由に通い、
パーソナルトレーナーによる30分の個別指導を5回受けるというもの。
「集団指導」は、市の保健センターで2週間に1回、運動の実施と6~8人程度のグループごとに
指導を受ける形だ。
個別指導には38人、集団指導には61人が参加している。
食事指導は事前の食事記録などに基づき、スポーツクラブが提携する期間の
管理栄養士とパーソナルトレーナーが行なった。
「たくさんの委託先が入ると事業評価がしづらくなるので、食事指導も一緒にお願いしました。
ただ『運動していたがやせない』という方が思いのほかいるので、
食事指導の強化が重要ではと話し合っています」(保健師のコメント)

継続のために一工夫 2008年度に向け街頭で啓発

これまで個別健康教育を実施してきた経験から、「個別にしっかりやれば成果は出ます。
集団指導で成果が出るかどうかですね。
また、リタイアを防ぐことと、3ヶ月終了した後の継続が問題です」と語った。

集団指導でのグループ分けを住まいや年齢の近さで行ったことで、
教室の行き帰りに誘い合う姿が見られるようになった。
そのほか、グループごとの出席率を競ったり、減量のグループ目標を決めてもらうなどの仕掛けを考えた。

また、今回、「健康達人コース」という健康づくりを普及するボランティアを養成する枠も設けた。
集団指導を受けている人のうち10人はこのコースへの参加。
11月から予定しているこの事業の第2期の運営を手伝ってもらうなど、
今後、健康づくりリーダーとしての活躍が期待される。

昨年の佐倉市の国保被保険者の健診受診率は14.4%
「健診を受けてもらわなければ、保健指導にも来てもらえない」と佐倉市では、
広報での周知はもちろん、毎月25日をメタボキャンペーンとして街頭での啓発活動を開始。
「年に1回は検診を受けましょう」「予防!解消!メタボリックシンドローム」といった
のぼりを立て、市民にちらしを配布し、健診受診を呼びかけた。

楽しく実践できた事で92%が減量に成功!

実績や過去の事例などもご案内させて頂きます。詳しくはぜひ一度お気軽にお問合せください。

お問合せはこちら